冷え性に悩まされている人は、実は水分不足が原因となっている可能性もあります。ウォーターサーバーを利用して水分をしっかりとれば、血液の循環が良くなって代謝も上がるので改善させることもできます。

【目次】

冷え性を改善するための方法を知っておく

冷え性で夏でも手足の先端が冷えているという人もいます。

その原因は生活習慣や飲食の場合がほとんどだといいます。

冷え性の原因を取り除くためにもまずはその原因を知ることが大切です。

冷え性の原因で多いのが冷たいものをそのまま飲んでいる、氷を入れてさらに冷たくしたものばかりを選んで飲む、体を冷やすような服装を好んでいるなどです。

改善するためにはまず自分で生活を見直してみることをおすすめします。

冷え性を改善する方法

たとえば冷たい食べ物や飲み物ばかりだったら、三食に一食は温かいものを食べるようにする、意識して温かいものを飲むようにするなど飲食の面から改善していくといいでしょう。

出来るだけ体温よりも高い温度のものを選ぶようにするといいです。

また、体を温めるような食材を使った料理を食べるようにしましょう。

冷え性は生活のなかで少しずつですが改善していくことが出来るので、はじめは出来ることから改善することが大切です。

たとえば服装をしっかりと腰や手足を冷えさせないようにする、靴下はしっかりと履くなど簡単なことからはじめることができます。

難しいことや専門的なことをする必要はありません。

食生活なども冷え性の改善をすることが出来る食材をひとつ、またはふたつ使ったり、調味料でも冷え性に効果を期待出来るものを使うだけでもいいので取り入れやすいです。

たとえば調味料なら生姜を取り入れてみるといいでしょう。

生姜はチューブのものでもいいですし、そのまま生の状態のものをカットして調理したものを食べてもいいということです。

たんぱく質と一緒に根菜などを使った料理ならおいしくて、体が温まります。

腸を温めるものを選んで調理し、食べるようにしましょう。

また飲み物に入れてもおいしいです。

生姜のチューブをココアに混ぜてジンジャーココアにするのもおすすめです。

日常生活に取り入れやすい冷え性の改善方法には、他にどのようなことがあるのかを知っておきましょう。

腸を温めると冷え性に効果的

冷え性の改善に効果的なのは、まず体を温めること、そしてその原因を取り除いていくことですが、それ以外にも睡眠や栄養不足などがないかを確認しましょう。

栄養不足で貧血気味の場合、血流が悪くなり、冷え性になってしまうこともあるということです。

ですからまずは食生活の改善も考えるべきです。

普段はお風呂ではなくシャワーだけで済ませているという人にも冷え性の方は多いといいます。

シャワーだけだと体の芯まで温まることがなく、体の表面だけが温まるので体温が下がってしまい、体が手足の先端から冷えていってしまいます。

そのようなことを防ぐためにも出来るだけバスタブにお湯をためてお風呂に入るようにするといいです。

体をゆっくりと温めることでお風呂上りの冷えを防ぐことが出来ます。

朝の食事前にも冷え性を改善する方法があります。

朝、寝起きは体温がまだ高い状態になっている人もいますが、やはり冷え性の人は寝ている間も手足の先端が冷えていることが多いといいます。

ですから、まずは腸を温めるためにぬるま湯を体内に入れることをおすすめします。

ぬるま湯は白湯でいいのでゆっくりと飲むことで、体を内側から温めていくことが出来ます。

朝食のときにも出来るだけ冷たいものではなく、常温から温かめの飲み物を用意しておくといいです。

冷え性は一気に改善していくということは難しいといいます。

ですから、生活習慣に取り入れやすい方法からはじめましょう。

バスタブに入るときは体を芯から温かくすることが出来るようにお酒を入れたりする人もいます。

まずは出来ることからはじめて、体温の上昇と血流の流れを良くすることが出来るようにするといいです。

関連記事