冷え性に悩まされている人は、実は水分不足が原因となっている可能性もあります。ウォーターサーバーを利用して水分をしっかりとれば、血液の循環が良くなって代謝も上がるので改善させることもできます。

【目次】

【冷え性改善】水分補給はウォーターサーバーで!

冷え性の改善のためにいろいろな方法が考えられますが、非常に効果的なのが白湯健康法です。

古代インドの医学書「アーユルヴェーダ」にも白湯などの水分補給に関する叙述があり、現在注目を集めています。

ウォーターサーバーと水入りのコップ

なぜ白湯を飲むのが冷え性改善に効果的なのでしょうか。

その答えは、冷え性がそもそもどのようにして起こるのかというメカニズムと深く関わっています。

冷え性には、自律神経の乱れが大きく関係しています。

特に女性はそもそも生理や更年期に自律神経が乱れやすい傾向があります。

さらに、建物の中と外の気温差や夏場のクーラーの風による体へのストレスも自律神経の乱れにつながります。

急に体が冷やされると自律神経がみだれ、過剰に血管を狭めて体の熱を奪われ無いように抵抗し、末端までの血流に滞りが生まれて、冷え性につながります。

気温変化が繰り返されると徐々に自律神経の負担が蓄積されて、冷えが慢性化していく恐れがあります。

そのため、冷え性改善に大切なのは自律神経の乱れをおさえ、体を内側から温めることです。

白湯を飲めば、まず内臓の温度が上がり、代謝が良くなり、さらにリラックス効果が自律神経を整えることにもつながります。

冷え性改善効果だけでなく胃腸の働きや肝臓・腎臓の働きも促進するので、白湯を飲むことは冷え性改善の他にも、ダイエットや体内浄化効果も期待できます。

さて、そんな冷え性改善に効果のある白湯ですが、どのようにすれば美味しく水分補給することができるでしょうか。

残念ながら、電気ケトルや電気湯沸かし器から出たお湯をそのまま飲むのは、あまり健康に良いと言えません。

第一に、カルキは髪や肌のタンパク質を破壊します。

カルキはタンパク質を破壊するため、細胞レベルでダメージを与えるからです。

例えば、肌の保湿力の低下やアトピー性皮膚炎の悪化などがあげられます。

さらに、カルキに含まれる塩素が微生物を分解するとき「トリハロメタン」という物質が発生します。

このトリハロメタンは発がん性物質です。

このように、カルキの抜けていない水分を取っていては、冷え性改善どころか健康を害するばかりです。

そのときお勧めなのが、ウォーターサーバーによる水分補給です!

水分補給にウォーターサーバーをお勧めする理由

カルキの抜けた水を取ろうという場合は、夜間や鍋でフタをあけた状態で水を15分間ほど沸騰させ続ける必要があり、水分補給のたびにこれを繰り返していては、逆にストレスが溜まってしまいます。

冷たい水のみでしたら、市販の浄水器を用いて水道水を浄水するという方法もありますが、冷え性改善のために白湯を飲みたいという方には、いちいち浄水をして温めるということを繰り返すのも大変面倒です。

冷え性改善のために継続的に白湯を飲み続けるためには、やはり面倒な過程を経ることなくすぐに綺麗なお湯が飲めるようにしておきたいですよね。

ウォーターサーバーの場合は、すぐに美味しいお湯を飲むことができます。

ウォーターサーバーには大きく分けて2種類あります。

一つはボトル取り替え型です。

これは、メーカーがボトリングした自慢の綺麗な水(天然水の場合や、ろ過された高純度水にミネラルを配合して作ったミネラルウォーターの場合など様々)をサーバーに取り付けて、そのまま、あるいはお湯にして提供してくれるタイプです。

もう一つは水道直結型で、こちらは家庭用浄水器よりも高い精度で水道水を自動的に浄水するもので、こちらも温めたお湯も出してくれるタイプがほとんどです。

ボトル取り替え型の長所はメーカーこだわりの水が楽しめるところで、水道直結型の魅力はボトル交換の手間とコストがないところです。

気になるのは費用ですね。

初期費用に加え、ボトル取り替え型の場合は交換ボトルのコスト、水道直結型の場合は浄水フィルターの交換コストなどがかかります。

しかし、どちらのタイプのサーバーにしても、高品位な水やお湯を飲んで水分補給することができますので、いつでも手間なく美味しく健康に良いお水や冷え性の改善につながる白湯を飲むことができるということを考えれば、決して高すぎる買い物ではないと言えます。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。

関連記事