冷え性に悩まされている人は、実は水分不足が原因となっている可能性もあります。ウォーターサーバーを利用して水分をしっかりとれば、血液の循環が良くなって代謝も上がるので改善させることもできます。

【目次】

オフィスというのは多くの人が集まっている場所なので自分好みの環境に調整することは難しいですよね。

冷え性の女性

暑いと感じたら冷房を強めたり、デスクが小さいと思ったら広々としたものに変えたりと自宅のように好き勝手できるわけではないので、決められた環境の中で仕事をしていくために自分なりの工夫を行わなければやっていけません。

そんなオフィスという環境の中で多くの人が悩みとして抱えるのが冷え性です。

季節問わず冷え性に悩まされている人も多く、特に男性よりも女性にその傾向が強く見られます。

できるだけ厚着をしたり、ひざ掛けを利用するなどして改善させようとしている人も多いのですが、慢性化しているとなかなか改善されにくい状態となってしまいます。

冷え性は体が冷たさを感じるだけではなく、脂肪を蓄えたりむくみに繋がったりと様々な要因となってしまうものです。

ではどうすれば改善させることができるのか、まずは冷え性の原因とその改善法を理解することが大切です。

冷え性になってしまう原因とは

そもそもなぜ体が冷えてしまうのかということですが、これにはいくつかの原因が考えられます。

決して1つだけが原因となっているわけではないので、自分がどんなことを理由として体が冷えているのかを的確に見極めることが、改善させるための第一歩となります。

まずは露出が多い服を着ているということです。

薄着の女性

年を重ねていくと露出は減っていく傾向にありますが、若い人の多くは服の機能性よりもお洒落を重視してしまうため露出のある服でも平気な顔をして着ます。

特に冷え性で悩まされることが多い女性は足を出したスカートやショートパンツをはいたり、寒い冬場でも寒いのを我慢してお洒落を重視した服装をしてしまいがちです。

どんなに代謝が良いとは言っても外的刺激は体の中を冷やしてしまう原因にもなります。

次に筋肉量ですが、体の代謝にはその人の筋肉量が大きくかかわっています。

筋肉は体を動かす上で大切だというだけではなく、脂肪を燃焼してくれる効果もあるので引き締まった体を維持するためには必要不可欠なものです。

男性より女性の方が元からの筋肉量が少ない傾向にあるため、女性は丸みを帯びた体型になりやすいのはこのためです。

多くの男性たちをよく見ると、中年太りでお腹が出ている人であっても足は細いですよね。

これは足に筋肉があるのでそこに脂肪がたまりにくくなっているのです。

一方女性はお腹だけではなく足にもしっかり脂肪がつきますし、冷え性からむくみに悩まされる人もたくさんいます。

これは筋肉量が全体的に少ない結果が顕著に表れているからです。

筋肉がポンプの働きをしてくれるからこそ体中の血液循環が良好に保たれるのですが、そのポンプが弱っていると血流も悪くなりうまく体中を巡らなくなるため手足などの末端に極端な冷えを感じたり、脂肪が多い部分を触ると冷たく感じるようになります。

食事風景

最後に飲み物も食べ物もすべて合わせて口から摂取するものによる影響です。

人間の体は口から摂取する飲み物や食べ物から形成されています。

何を食べるかでその人の体型も変わりますし、病気になりやすいかどうかも変わります。

中には軽度であれば食事の管理をしっかり行うだけで病気を治すことも可能なくらいに人間にとって飲み物や食べ物は非常に重要です。

しかし飽食の現代では昔のように食べ物に困ることが少なく、周りにはたくさんの食べ物で溢れています。

冷蔵庫の中身が空っぽだったとしても近場のコンビニに行けば、食材はもちろんのことレトルト食品やお菓子など様々なジャンルのものが手に入ります。

また贅沢だと考えられていた外食も今ではその概念が薄れ、気軽に飲食店を利用する人も少なくはありません。

こうした時代の流れもあり、現代人は食の管理を自分の意思だけで行わなければならなくなったのです。

欲求のままに食べていてはそれだけ身につき健康を害する恐れがありますし、しっかり管理を行い食べる物にも気を配っていればいつまでも若々しく健康的な体を維持することができます。

栄養バランスがととのっていない食事を食べたり、嗜好品を頻繁に摂取するような生活を続けていれば血液の状態も血管の状態も悪くなり、流れが悪くなってしまうので代謝も下がり冷えを招く結果となります。

水が人間の体に与える影響

人間の体は食べ物からできていますが、組織を構成する上で多くの割合を占めるのがです。

体中を巡っている血液はもちろんのこと、体温調整のために出てくる汗などもすべて水なので、人間が生命維持をしていく上で水は欠かせないものとなります。

サバイバル生活を行っている人が食べ物よりもまず水を確保するようにしたり、断食をしている人が一切食べ物を口にしないという中でも水はしっかり飲むようにするというのは、それだけ水が体には必要だということから由来しています。

ある程度食べ物を口にしなくても人間は生きていけますが、水は3日飲まなければ死んでしまう可能性があると言われるほど水が体に与える影響は非常に大きいのです。

人間の体には無数の血管があり、その中を血液が流れています。

血管

そんな当たり前のことですが、それぞれの状態には個人差があります。

例えば川をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

川の水が濁っていてゴミがたくさん混ざっているような状態だと流れが悪く、時には岸辺にゴミがひっかかって川の幅を狭めたり、どこかに詰まったりすることがありますよね。

これが人間の体で起こると血管が細くなって柔軟性を失い、動脈硬化を招く恐れが出てきます。

また血管がどろどろで流れが悪いと冷え性を招くだけではなく様々な病気の原因にもなってしまいます。

しかし綺麗な水が流れている川だとどうでしょう。

いつも勢いよく水が流れ、川自体が美しい状態を保つことができますよね。

人間の体も同じで、血液がさらさらで流れが良ければ代謝も上がりますし、血管も細くならないので動脈硬化高血圧などの現代病を防ぐことができます。

つまり冷え性のみならず体の状態を良好に保つためには血液と血管の状態が良くなければならないということが言えますが、こういった体の器官を作り上げているのも水です。

血液は水なので、しっかり摂取して循環を良くすれば血管に負担をかけるようなことを防ぐことができます。

水はただのどが渇いたら飲めばよいというものではありません。

生命維持のために必要不可欠なだけではなく、冷え性を改善させることができればむくみはもちろんのこと脂肪をためこむ体質を改善させることにも繋がります。

水はただのどが渇いたら飲めばよいというものではありません。

生命維持のために必要不可欠なだけではなく、冷え性を改善させることができればむくみはもちろんのこと脂肪をためこむ体質を改善させることにも繋がります。

冷え性に悩まされている人が水を飲むと、余計に体を冷やしてしまうのではないかと思ってしまう人も多いでしょう。

不安な場合には白湯でも良いのでとにかく水というもの自体を摂取することが大切です。

血液や血管の状態を改善させるだけではなく、体内の老廃物を排出しやすくしてくれる働きもあるのでデトックス効果を得ることもできます。

ウォーターサーバーはオフィス女子の冷え性を改善する

企業によってはオフィスにウォーターサーバーを設置しているという所も多いのではないでしょうか。

家庭に設置するという人も増えてきているウォーターサーバーですが、これをオフィスに置くのにはメリットがあります。

実はオフィスという環境は非常に乾燥しやすい環境にあります。

多くの人が密集しているため二酸化炭素がたくさん排出され、それによって環境が悪くなります。

ビルの中にオフィスがあるという場合にはあまり窓をあけることができないという所もあるため換気が思うようにできなかったり、パソコンなどの電子機器を常に起動させているような場所であれば機械熱によって更にオフィス内の環境は悪くなるでしょう。

ウォーターサーバー

そんな中で仕事をしていると室温の調整が難しく、熱がこもりやすい環境から常に冷房をつけていなければならないこともあります。

エアコンの風や空気の循環を良くするための空調などは人間からどんどん水分をとっていきます。

また熱がこもりやすい環境にいることから、人間は体温調整をしようとして汗をかいたりするので、自分が思っている以上に水分を奪われている状態になるのです。

これでは体調が悪くなっても仕方がないですよね。

そんな水分不足を改善させるためにもオフィスにウォーターサーバーを設置している企業が多くなっています。

ウォーターサーバーの魅力は何と言ってもすぐに水を飲むことができるという点です。

わざわざミネラルウォーターを買ってくる必要もありませんし、100円出して自販機から買う必要もありません。

飲みたいときに飲みたい量だけ飲むことができるので、忙しいビジネスマンたちには非常にありがたい存在です。

また人によっては予め購入したペットボトルの水を数回に分けて飲むという人もいますよね。

もちろん飲まないよりは良いのですが、これでは長時間水が放置されることになるのでぬるくなってしまいますし、何より不衛生となってしまいます。

こういった悩みも改善してくれるウォーターサーバーは多くの人が集まるオフィスという場所にはうってつけなのです。

水分不足は冷え性やむくみをより加速させてしまいます。

それは血液循環を悪くしていることに由来するのですが、デスクワークとなりがちなオフィスの中では同じ姿勢で長時間仕事をしている人が多いので、それが原因となって血流が滞りやすくなってしまう傾向にあります。

特に体の一番下に位置する足は、重力の関係もあって余分な老廃物がたまりやすく、むくみが顕著に表れやすい場所となります。

これは厚着をして冷えないようにすれば改善されるというものではないので、しっかり筋肉をつけるようにしたり、水分補給をして老廃物を体外に排出しやすいようにしたりという体の内側からの改善が必要となります。

仕事中にデスクに張り付くことが多い人ほど水分補給は必要です。

このようにオフィスという場所だからこそ必要としている人が多いので、ウォーターサーバーを利用している企業はどんどん増えてきているのです。

自宅でもできる冷え性の改善法

冷え性は多くの女性の悩みとして大きなものですよね。

改善させようとしても1日や2日で改善するものではないので、どうすれば良いのかと頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

冷え性の改善について説明する女医

冷え性はただ太りやすい体質を招くだけではなく、免疫力が低下して風邪をひきやすい状態になったり、中には体の様々な器官が冷えることによって妊娠しにくい体にしてしまう原因にもなりかねません。

健康面でも美容面でも冷え性というのは体に悪い影響を与えることに違いはありません。

冷え性を改善させるための方法はいくつかあります。

まずは水をしっかり飲むということです。

冷え性が招くものとしてむくみがありますが、これは体内で余分な水分が蓄積してしまうことによって起こります。

むくみはきちんととらなければどんどんたまっていく一方ですし、脂肪と結びつけばセルライトとして体内に定着してしまいます。

これを防ぐためにもまずは体内の循環を促し、老廃物をどんどん排出することができるようにする必要があります。

そこで重要となるのが水で、これによって代謝を上げたり利尿作用を促すというだけではなく、体内の便をやわらかい状態にして排出しやすくしてくれるので便秘改善にも効果があります。

一度にたくさんの量を飲むのではなく、1日に何回も分けてこまめに摂取するのが良いとされています。

次に筋肉をつけるということですが、これはわざわざジムに通ってハードなトレーニングを行う必要はありません。

毎日歩く癖をつけたり、お風呂上りや寝る前に軽いストレッチを行う程度でも十分に効果があります。

人によっては筋肉質な体型になるのは避けたいという場合もあるので、こうした軽い運動を毎日続けるということを心がければ冷え性を改善させることができるだけではなく、冷え性になりにくい体質に変えていくことも可能です。

入浴中

最後にマッサージですが、これは入浴中や入浴後などの体が温まっている状態のときに行うと効果的です。

どんなに健康に気を遣った食生活を送っていたとしても、リンパの流れが悪いと上手く老廃物を排出することができなくなってしまいます。

冷え性から来るむくみを改善させるためにも、しっかりとマッサージを行うようにしましょう。

そうするとむくみを蓄積させず常にすっきりとした状態を保つことができます。

このように冷え性を改善させる方法はいくつかありますが、最も大切なのは継続させることです。

早く結果が見えないと本当に効果があるのか分からないと焦ってしまう人もいますが、これらは毎日の積み重ねによって初めて効果を発揮してくれます。

また注意したい点としては、水分補給だからと言ってジュースやコーヒーなどを飲む人がいますが、これは水分とはみなされません。

味があるものはその中にたくさんの糖分を含んでいるため、それが体内で悪影響を及ぼす原因となることもあります。

温かい飲み物を飲めば冷え性改善に効果があるように感じますが、それは一時的なものであって体内ではそれが逆に冷え性を引き起こしてしまう可能性も否定できません。

冷え性を根本的に改善させたいのであれば、純粋な水を飲むことを前提とした水分補給を行うようにしましょう。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。

関連記事